株のレーダーチャートって何だろう

株を行っている方が、株価の状態を見るために利用しているのが株価チャートです。
また企業の安定性などを見るために投資家が利用するのがレーダーチャートです。
レーダーチャートというのはどういうものかというと、見た目には蜘蛛の巣のようなイメージで、蜘蛛の巣グラフともいわれるチャートです。

中心から正多角形に表すグラフで項目を属性として性能の比較や安定性を一目で見ることができるグラフです。
データを表に移して、隣同士のデータを線で結んでいくとその企業について、何が弱いのか、何が強いのかという事がわかります。

例えば成長関、企業規模、健全性、市場トレンド、テクニカルなど、こうしたデータをひとつの表の中で客観的に見ることができるので、企業の強み、弱みがすぐにわかります。

株に関しては株価チャートというものがあり、株価がどのように動いたのかなど、ぱっと見て視覚的に判断できるチャートが利用されています。
こうした株価チャートでは、数年前からどのように値動きしてきたのかを見ることができるため、株価を予想する際に利用するチャートです。

レーダーチャートの場合、現在の企業の状態、現実をしっかり見据えるものとなっているため、株価チャートなど他のチャートと合わせて利用していくことで、株の値動きなどを予測する事に役だちます。
当サイトは、レーダーチャートを利用し、どのように株を予測していくかお伝えします。
皆様のお役にたてたら幸いです。



■推奨リンク
株トレードの手法について無料メール講座を実施しています ・・・ 株 トレード